無理なく上手にお金を借りる成功マニュアル

無理なく上手にお金を借りる成功マニュアル
当サイト『無理なく上手にお金を借りる成功マニュアル』は、銀行や消費者金融などの当日融資も可能なカードローン・キャッシングから、市役所・労金・社団法人などの公的機関からの借入方法まで幅広くお金の借り方をお伝えしています。最初に、即日借入も可能なカードローン・キャッシングをご紹介します。

詳細はコチラ -即日融資も可能- 当サイトおすすめランキング

アコム
★アコムの基本情報★
お金を借りるならアコムが断然オススメ!三菱UFJフィナンシャルグループなので、はじめてお金を借りるという方も安心・安全のカードローンです!老若男女問わず、多くの方に利用されています。
実質年率
3.0%~18.0%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
運営会社
三菱UFJファイナンシャルグループ
プロミス
★プロミスの基本情報★
WEB完結なら、全ての申込みがWEBで完結します。しかし、何かわからないことがあれば、電話でオペレーターが丁寧に対応してくれます。
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
運営会社
三井住友フィナンシャルグループ
アイフル
★アイフルの基本情報★
実質年率
4.5%~18.0%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
運営会社
アイフル株式会社
SMBCモビット
★モビットの基本情報★
実質年率
3.0%~18.0%
借入限度額
800万円
審査時間
10秒(簡易審査)
運営会社
三井住友銀行グループ株式会社SMBCモビット

今すぐお金を借りる-大手4社がおすすめ-

プロミス
アコム
アイフル
SMBCモビット

キャッシング・カードローンの基礎知識

キャッシング・カードローンを初めて利用する利用する方に、お金の借り方・流れについて以下8点をお伝えします。

① 条件・必要書類

② 申し込み

③ 審査

④ 契約・借入れ

⑤ 金利

⑥ 返済

⑦ 総量規制

⑧ 消費者金融と銀行の借入の違い


① 条件・必要書類

まず、お金を借りるための条件と必要書類を確認しましょう。お金を借りるための条件と必要な書類は以下のとおりです。

 ✔ 20歳以上であること

 ✔ 定期的(安定的)な収入があること

 ✔ 必要書類:身分証明証(50万円以上の借入希望の場合、収入証明書が必要)

※運転免許証(免許証がない場合は、パスポート、保健証、 マイナンバーカード等)

未成年の方は学生ローンや親の同意のもとでキャッシング機能付きのクレジットカードを発行してもらい、キャッシングを利用できます。消費者金融の場合、借入希望額が50万円以下なら収入証明書不要で申込むことが可能です。


② 申し込み

申し込み条件を満たし、必要書類が準備できたら、申し込みをします。申し込みは、店舗、無人契約機、電話、パソコン、スマホからできます。特にパソコンやスマホなどのネットからなら24時間申し込みが可能です。ネットでの「申し込み」から「借入」まで完結できるので非常に便利です。カードローン会社によって多少異なりますが、申し込み時に記載する内容は、年収、勤務先の会社名、住所、電話番号、他社の状況(借入件数、借入額)などです。


③ 審査

申し込みが完了すると次は審査になります。審査には2段階あり、申し込み時に入力した情報が正しいかを確認する信用情報の調査、それが通過した後は、職場への在籍確認があります。審査にかかる時間は最短で30分程度です。借入希望額が高いほど審査時間が長くなる傾向にあります。


④ 契約・借入れ

無事審査に通過しましたら契約・借入れをします。借入れ方法は、口座振込や、カード発行をして提携ATMから出金する方法があります。その日に借入れをしたいのであれば、銀行振込で平日14時までに、平日14時以降であれば自動契約機や提携ATMでカードを使って出金します。


⑤ 金利

お金を借りたら利子が付きます。ここでは、当サイトで人気ナンバー1となってるアコムについて、10万円を借りた場合の返済についてお伝えします。
実質年率は18.00%で10万円を借り、30日ごとに1万円ずつ返済する場合になります。返済額はトータルで109,018円になります。

回数 返済金 元金 利息
1 10,000円 8,521円 1,479円
2 10,000円 8,647円 1,353円
3 10,000円 8,775円 1,225円
4 10,000円 8,905円 1,095円
5 10,000円 9,037円 963円
6 10,000円 9,170円 830円
7 10,000円 9,306円 694円
8 10,000円 9,444円 556円
9 10,000円 9,583円 417円
10 10,000円 9,725円 275円
11 9,018円 8,887円 131円

 


⑥ 返済

返済は、最寄りのコンビニATMからでも簡単に行うことができます。毎月指定された日にちがあるので、その日までにローンカードに入金すれだけになります。返済を早くするためには、返済額が10,000円であっても15,000円入金(繰り上げ返済)すればその分だけ、利息が安くなりお得になります。最終的には必ず払わなければならないので、早め早めに借金を完済させる意識を持てば、どんどんなくなり、後で楽になります。

また、消費者金融は一般的に金利が高いですが、少額のキャッシングですぐに返済することができるなら、借り入れした翌日から30日間は無利息となるカードローンがありますので、上手に活用するといいでしょう。

30日間利息が付かないカードローン>>


⑦ 総量規制

総量規制とは、賃金業法の1つで『年収の3分の1以上の借入ができないルール』です。消費者金融やクレジットカードのキャッシグは、賃金業法に則っているため、この法律が適用されます。したがって、もしあなたの年収が300万円であれば、総額100万円までしか借入ができないということになります。ただし、銀行は賃金業法ではなく、銀行法に則っているので、総量規制の適用外となります。


⑧ 消費者金融と銀行の借入の違い

大きな違いは「借りる目的」です。明確な定義はないですが、消費者金融は少額のキャッシング、銀行は大きな金額を借りるときに利用する場合が多いです。もし、消費者金融と銀行のどちらを利用しようか迷っている方は、借りる金額で判断すると良いでしょう。消費者金融は、30日間無利息期間がありますが、金利が高いです。銀行は金利が低いので、長期の借入には向いています。一般的には、消費者金融でのキャッシングは、給料日前の一時的な金策、銀行の借り入れはもっと大きな買い物(長期的な返済が必要なもの)と考えて良いでしょう。

消費者金融でお金を借りる

消費者金融のカードローンの特徴は、定期収入があれば年収・職業問わず利用ができることです。比較的に、申し込み・審査のハードルが低い分、金利が銀行系のローンより高めに設定されています。審査期間が短く、即日融資にも向いていますので、すぐにお金を借りたいという方へ大変おすすめです。なお、借入れ限度額が年収の3分の1に制限される総量規制がある点はご留意ください。


アコム

テレビCMや自動契約機「むじんくん」の名称で有名なアコムは、MUFGグループの大手消費者金融です。申し込みから借入れまで最短30分というスピード融資が魅力です。初めての契約では、30日間の無利息期間がついてくるので、少額の急ぎでお金を借りたい方に非常におすすめです。提携ATMは全国にありますので、ローン専用のカードを発行すればすぐにキャッシングすることができます。

アコムのお金の借り方はこちら


 プロミス

プロミスは三井住友FGの子会社です。メガバンクのグループ会社ということで安心して利用できます。最短30分ほどで借入れが可能なので即日融資に向いています。また、初めての利用の方は30日間の無利息サービスがあります。申し込みから借入れまでネットで完結できるので、簡単に手続きをしたい方や、家族にキャッシングをしていることをバレたくない方にもおすすめです。お金を借りることが不安な女性のために、女性のオペレーターが応対してくれる「プロミスレディース」もあります。

プロミスのお金の借り方はこちら


アイフル

チワワのテレビCMが印象的なアイフルは様々なローンがあります。目的別のキャッシングがしやすいことが特徴の消費者金融です。限度額をおさえた女性専用ローンの「SuLaLi」があります。アイフルは返済期間が30日間の他に「35日サイクル返済」というものもあります。これは、通常、月1回の給料日(30日ごと)にプラス数日をして、余裕をもって返済できるように設定されています。忙しくて返済する時間がなかなか取れない方におすすめです。

アイフルのお金の借り方はこちら


SMBCモビット

SMBCモビットは、審査が非常に早く、ネットから申込むと「審査時間:10秒簡易審査」です。また、モビットの最大の特徴は「WEB完結」サービスです。Web完結なら郵送物なしで、職場など、誰にもばれずに借りることができます。希望する場合を除き、カード発行・契約書の郵送物もないため、誰にもバレずにお金を借りることができます。また、「モビットローン申込機」と言う無人契約機を都市部の私鉄駅構内等に設置しているため、非常に便利です。

銀行でお金を借りる

銀行カードローンの特徴は低い金利と高い融資額で利用できるという点です。その分申し込みの基準の年収が高めに設定されているので、サラリーマンや契約社員などの方向けのカードローンと言えます。専業主婦の方でも配偶者の同意書や収入証明書などの書類を提出すれば借入れできるのも特徴です。各銀行の口座を既に開設しているなら審査や借入・返済がスムーズになることが多いので、メインで使っている銀行でカードローンの申込むと良いでしょう。

みずほ銀行

みずほ銀行は住宅ローンや教育ローンなど、目的に合わせたお金の借り方ができます。みずほ銀行のネットバンキングサービスである「みずほダイレクト」を利用すれば、パソコンやスマホからすぐに借入れすることができます。また、「みずほマイレージクラブ」に加入してカードローンを利用すれば、ATMの時間外手数料や振込手数料が無料になるなどの特典があります。

>>みずほ銀行のお金の借り方はこちら


三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は金利1.8%~14.6%という非常に低い金利で利用できるのが特徴です。テレビ窓口を利用すれば平日15時以降や土日祝日でもカードローンを申し込むことができます。

三菱東京UFJ銀行の口座を開設している方向けのサービスが多く、中でも普通預金口座を利用した「マイカードプラス」は、口座の残高不足があった場合、30万円までで不足分を自動融資してくれます。

>>三菱東京UFJ銀行のお金の借り方はこちら


三井住友銀行

三井住友銀行はカードローンの保証会社を子会社のプロミスに委託しているので、審査が非常にスピーディーという特徴があります。既に三井住友銀行の口座を持っているなら、審査が完了次第、口座振込でお金を借りることができます。ローン専用カードを発行すれば、銀行や提携ATMの手数料無料で利用できます。

>>三井住友銀行のお金の借り方はこちら


りそな銀行

りそな銀行のカードローンは、「りそなプレミアムカードローン」と「りそなクイックカードローン」があり、用途に合わせたお金の借り方が選べます。りそな銀行のネットバンキングを利用している方であれば、パソコンやスマホから「マイゲート」にログインし、そこから借入れ・返済の申し込みが可能です。

>>>りそな銀行のお金の借り方はこちら


千葉銀行

千葉銀行カードローンは融資利率1.7%~14.8%と非常に低い金利で利用することができます。毎月2000円からの自動返済があるので、無理の無い返済が可能です。千葉銀行の口座を開設していれば書類の送付が一切なく融資を受けることができます。ICローンカードを発行することによって、全国の提携金融期間やコンビニATMを利用してキャッシングすることができます。

>>千葉銀行のお金の借り方はこちら


静岡銀行

静岡銀行のカードローン(通称:セレカ)はメリットが豊富で、そのひとつに契約日から毎月10日の返済日前日までの利息をキャッシュバックしてもらえるというものがあります。もうひとつのカードローンである「ミープラス」には残高バックアップ機能がついており、借入れ額をオーバーしてしまった時に自動的にセレカから融資してくれます。インターネットバンキング「WebWallet」に申し込めば、24時間365日ネットから申し込んで借入れすることができます。

>>静岡銀行のお金の借り方はこちら


ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は店舗を持たないネット銀行で、ネットから申し込みをして口座開設・カードローンの申し込みをします。既にジャパンネット銀行の口座を開設しているのであれば手続きが簡単で、ホームページから申し込みをするだけで利用でき、手持ちのキャッシュカードでそのままお金を借りることができます。初回利用者に限り、30日間金利0円で利用できます。スマホアプリをインストールしておけば、アプリ経由で借入れすることもできます。

>>ジャパンネット銀行のお金の借り方はこちら


ソニー銀行

ソニー銀行のカードローンは、既にソニー銀行の口座を持っている方であれば、仮審査は最短60分、本審査は最短当日中に完了するので、すぐにでもお金を借りることが可能です。提携ATMを使えばATM利用手数料が最大何度でも無料で利用できます。金利も2.5%~13.8%と非常に低く、借入限度額も最大800万円となっており、高額融資を希望したい方におすすめのカードローンです。

>>ソニー銀行のお金の借り方はこちら


楽天銀行

楽天銀行カードローンの特徴は、楽天銀行カードローンに入会することで楽天スーパーポイントが1,000ポイント付与されます。1ポイント1円で換算でき、楽天での買い物に利用できます。また、通常銀行カードローンはその銀行の口座開設が必要ですが、楽天銀行の場合、お手持ちの口座を引落し口座に指定することができます。楽天は女性の利用が多いため、専業主婦専門の申し込みページがあります。

>>楽天銀行のお金の借り方はこちら


住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資して設立した銀行です。金利0.99%~14.79%、借入れ限度額1200万円とかなりの高額融資に対応しています。グループ会社のSBI証券に口座を持っている方や、住信SBIネット銀行で住宅ローンを利用中の方などは、さらに金利を引き下げてもらえるというメリットがあります。

>>住信SBIネット銀行のお金の借り方はこちら


イオン銀行

イオン銀行カードローンは全国にお店を展開しているイオングループのサービスだけに、普段イオンを利用している方や、幅広い世代の方に利用されています。イオン銀行の口座を開設していれば、ローンカードの発行不要で、ネット上から借入れの申し込みができます。返済額も最低1,000円から(残高スライド方式)なので、無理のない返済が可能となっています。

>>イオン銀行のお金の借り方はこちら


じぶん銀行

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行と携帯キャリアであるKDDI(au)の共同出資によって誕生したネット銀行です。au以外のキャリアを利用している方でも口座開設が可能です。じぶん銀行の口座を開設していれば非常にスピーディーに契約まで行うことができ、「じぶんローン取引サイト」というサイトを利用することで、スマホやパソコンから24時間365日(システムメンテナンスの時間帯を除く)借り入れの申し込みが可能です。

>>じぶん銀行のお金の借り方はこちら


オリックス銀行

オリックス銀行は、オリックスグループ傘下にあるネット銀行です。オリックス銀行のカードローンは口座開設の必要がないのが特徴です。ジャパンネット銀行の口座を持っているのであれば、振込先をその口座にしておけばネットから24時間365日借入れが可能です。

また、返済が遅れた時の損害金が変動制(借入利率+2.1%)となっているのも大きな特徴です。

>>オリックス銀行のお金の借り方はこちら


新生銀行レイク

新生銀行カードローンレイクは、株式会社新生銀行のカードローン商品です。全国に約800ヶ所ある自動契約機とインターネットから借入を申し込むことができます。初回利用時に30日間無利息または、5万円まで180日間無利息のどちらかを選択して借入れすることができます。レイクATMやコンビニの提携ATMを利用すれば、借入や返済時の手数料が何度でも無料です。

>>申請銀行レイクのお金の借り方はこちら

いろいろなお金の借り方

お金を借りる事情は様々です。ここでは、ニーズに合ったお金の借り方をご紹介します。


今すぐお金を借りたい

急な出費で今すぐお金が必要となった場合など、即日でお金を借りるための方法を解説します。今日中にお金を借りるなら、14時までにネットから申込むか、自動契約機で20時までに申し込んで手続きを完了させることが必要です。審査時間は借入れ希望額が多くなるほど長くなる傾向がありますので、借入希望額は必要最低限にしましょう。必要書類は免許証や保険証、パスポートなどの身分証のみですが、借入希望額が50万円以上または他社借入れ総額が100万円以上になると収入証明書の提出が必要になります。

>>即日でお金を借りる方法の詳細はこちら


低金利でお金を借りる方法

お金を借りる時、必ず金利が発生します。銀行や消費者金融、市役所、労金、日本政策金融公庫など様々な借り先があり、それぞれ申し込み基準や審査時間、借入れ限度額、金利が違うので、事前に下調べをしましょう。

>>低金利でお金を借りる方法の詳細はこちら


誰にもバレないお金の借り方

お金を借りていることが周りにバレてしまう原因として、後日送られてくる郵送物やカードがあります。また、審査時の職場への在籍確認もバレてしまう要因のひとつです。キャッシングしていることを周りに知られたくない場合、郵送物やカード発行無しのカードローンを選ぶのがコツですが、職場への電話による在籍確認がネックになります。消費者金融の中には、電話以外での在籍確認をしている会社もあります。

>>誰にもバレないお金の借り方の詳細はこちら


女性向けカードローン

女性の方でも安心して利用できるよう、「レディースキャッシング」というサービスを提供している会社があります。オペレーターなどの窓口が全て女性という特徴がある以外は、通常のキャッシングと同じ条件で利用できます。

>>女性のお金の借り方についてはこちら


おまとめローン

借入先が増えてしまい、返済に困った時の手段として、おまとめローンがあります。借入先が1本化できる反面、融資額が大きくなり、完済までの時間が長くなるというデメリットもあります。メリット・デメリットを良く理解し、上手に活用しましょう。

>>おまとめローンについてはこちら